FC2ブログ

ナチュラルペット マッスルジョイントアースライティス犬用


ナチュラルペット マッスルジョイントアースライティス犬用


犬用の健康補助食品です
ペットの関節の痛みや炎症を抑え、運動機能をサポートします
飲み水に混ぜて与えるだけなので簡単&ストレスフリー

関節の痛みや腫脹、炎症、また階段の上り下りが困難なペットの症状を改善します。
小・中・大型犬にご使用いただけます。

ナチュラルペット マッスルジョイントアースライティス犬用
スポンサーサイト



メタフラムチュアブル犬用2.5mg100錠


メタフラムチュアブル犬用2.5mg100錠


メタカムのジェネリックなので、同成分なのにお手頃価格!
チュアブルタイプなので、簡単に投与できます!
急性・慢性どちらの関節炎にも鎮痛効果を発揮します。

急性と慢性の関節、骨、筋肉の痛み・炎症を和らげる、解熱、消炎、鎮痛剤です。
メタカム(犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤)のジェネリック医薬品となります。成分は全く同じです。
加齢に伴う関節痛や、ダックスに多い「椎間板ヘルニア」や、大型犬にみられる「股関節脱臼」の痛みにも効果があります。
急性・慢性の関節、骨、筋肉の痛みを和らげる「鎮痛作用」のほか、「抗炎症作用」「解熱作用」「軟骨組織破壊の抑制」などの効果が挙げられます。

メタフラムチュアブル犬用2.5mg100錠

メタフラムチュアブル犬用1mg100錠


メタフラムチュアブル犬用1mg100錠


メタカムのジェネリックなので、同成分なのにお手頃価格!
チュアブルタイプなので、簡単に投与できます!
急性・慢性どちらの関節炎にも鎮痛効果を発揮します。

急性と慢性の関節、骨、筋肉の痛み・炎症を和らげる、解熱、消炎、鎮痛剤です。
メタカム(犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤)のジェネリック医薬品となります。成分は全く同じです。
加齢に伴う関節痛や、ダックスに多い「椎間板ヘルニア」や、大型犬にみられる「股関節脱臼」の痛みにも効果があります。
急性・慢性の関節、骨、筋肉の痛みを和らげる「鎮痛作用」のほか、「抗炎症作用」「解熱作用」「軟骨組織破壊の抑制」などの効果が挙げられます。

メタフラムチュアブル犬用1mg100錠

メタフラムオーラルサスペンション1.5mg15ml


メタフラムオーラルサスペンション1.5mg15ml


メタカムのジェネリックなので、同成分なのにお手頃価格!
付属のスポイトで投与するため、投与が簡単!
急性・慢性どちらの関節炎にたいしても鎮痛効果を発揮します。

急性と慢性の関節、骨、筋肉の痛み・炎症を和らげる、解熱、消炎、鎮痛剤です。
メタカム(犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤)のジェネリック医薬品となります。有効成分は全く同じです。
選択的COX-2阻害薬です。犬の急性・慢性の筋骨格系疾患に関連した痛みや炎症を抑えます。
犬用のお薬です。※その他のペットにお使い頂くことは出来ません。

メタフラムオーラルサスペンション1.5mg15ml

カロダイル75mg60錠


カロダイル75mg60錠


鎮痛薬で有名なゾエティス社のリマダイルのジェネリックです。
飲ませやすい形状で内服薬が苦手な犬でも投与が楽です。
非ステロイド性抗炎症薬で鎮痛、消炎、解熱作用があります。

カロダイルは非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)です。
関節炎などの筋骨格系の痛みをとったり炎症の緩和や解熱などに用いることができます。
手術前に投与することで術中、術後の痛みが緩和され術後の回復が良くなるといわれています
急性疼痛にも慢性疼痛にも適応可能です。
急性疼痛への有効率は88%、慢性疼痛の有効率は72%で、2週間の投与で症状の改善が見られます。
カルプロフェンが主成分です。
ゾエティス社製、リマダイルのジェネリックです
体重1kgあたりカルプロフェン4.4mgを1日量として,1日1回あるいは2回に分けて経口投与してください。
犬は2種類のシクロオキシゲナーゼ(COX)を持ちます。
COX-1は正常な胃腸および腎機能に不可欠なプロスタグランジンを合成します。
COX-2は炎症に関与するプロスタグランジンを合成します。
※プロスタグランジンはアラキドン酸などから合成される物質で血管拡張や血圧の上昇、下降など体内の様々な反応に関与します。
COX-2の抑制は痛みなどの炎症反応を抑制します。
一方COX-1の抑制は胃腸障害や腎臓毒性を引き起こすと考えられています。
NSAIDSには様々な種類があり、抑制するシクロオキシゲナーゼの対象は変わる場合があります。
カロダイルは、COX-1に対してCOX-2を100倍以上の選択で抑制するといわれ痛みを強力に抑えます。
副作用は嘔吐や下痢、黒色便、血様便と言われますが個人差があります。
120日間の長期投与が可能です。しかし、漫然と投与しないで、体調に問題がなくても14日おきに獣医師の診察を受けてください。
体重が2�s未満の犬、生後6週齢未満の犬には投与できません。
投与できるのは犬だけです。ほかの動物には投与できません。
ほかのNSAIDSやステロイドを投与した際に、食欲不振や嘔吐、下痢、黒色便、血様便になった経験のある犬への投与は慎重に行い、投与前に獣医師の診察を受けてください。
NSAIDS以外の内服薬の投与で消化器症状が出る犬への投与は慎重に行い、投与に際して獣医師に必ず相談すること

カロダイル75mg60錠
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QR